設備 衛生

業務内容-設備 衛生

人間に定期健康診断があるように建築設備にも調査診断が必要です。
築15年を過ぎた建物は、給排水設備のあらゆるところでダメージがでてきます。
当協同組合ではお住まいの建物設備がどのようにダメージをうけているか調査・診断し、的確な改修時期のご提案をしています。
そして調査・診断の結果により、至急改善しなくてはならない項目と計画的に修繕していく項目についてのご提案をします。
建物状況によっては、貯水槽の廃止などによる敷地の有効活用なども提案しています。
工事実施にあたっては、協同組合のメリットを最大限に生かして設備工事会社、電気工事会社、内装工事会社、造園土木会社が協力体制をとって、最適な工期とコストでお応えいたします。

sanitation1sanitation2