設計業務

業務内容-設計-長期維持・修繕計画書

Ⅰ長期修繕・資金計画の作成

使用時期に即した計画書の作成 修繕工事実施後に作成し数値の根拠を明確にし後々に活用できる長期修繕計画書とする。

a 修繕:建築 工事終了後に実施内容に即して長期修繕計画を作成します。

b 修繕:設備 目視調査の結果により、設備の長期修繕計画を作成します。

c 資金:建築・設備 実施金額により現状の収納金額の設備を含む収支推移表を作成します。

各戸修繕積立金、駐車場・ルーフバルコニー・専用庭使用料の改定シミュレーションを作成することができます。