川崎住宅管理保全建築協同組合(通称:川管保全協)は皆様のご理解・ご協力 により、設立12年を経過しました。

川管保全協は、これまでマンション管理組合の方々、個人住宅オーナー様などが困っている住宅保全関連の工事に関することをエンドユーザー様の身になり、解決するため邁進してきました。それは、川管保全協の特徴である会員各社が異業種の集団であり、設計・建設・設備・電気・造園・防水・塗装・内装の全てに精通し、その全ての業種の最先端技術を通してクイックに供給してこれたことが何よりの原動力と考えております。
マンション・ワンストップサービスをモットーに各組合員が連動し相乗効果を高め、皆様のご期待に沿えるよう努力していきたいと存じます。

ワンストップサービスの実例

1、給排水管改修工事におけるマンション・ワンストップサービス
建築15年を過ぎたマンションは給排水設備にダメージが出てきます。人間の定期健康診断があるように建築設備にも調査診断が必要です。
川管保全協では調査・診断を行い的確な改修時期の御提案をしています。診断結果により緊急に改善しなくてはいけない項目と計画的に修繕していく項目を御提案をします。
建物状況によっては貯水槽の廃止などによる敷地の有効活用なども提案しています。
工事実施にあたっては川管保全協のマンション・ワンストップサービスのメリットを最大限に生かし設備工事会社、電気工事会社、内装工事会社、造園土木会社が協力体制をとり最適な工期とコストで対応いたします。

2、電気設備改修工事におけるマンション・ワンストップサービス
外構の電灯設備も非常時の避難、防犯対応のため植栽工事を含めた総合的な改修計画が必要とされます。
最近はLED電球の発達により軽量で性能が高い省エネ効果もある外灯もあり、調査・診断が必要です。
川管保全協では調査・診断を行い的確な改修時期の御提案をしています。診断結果により緊急に改善しなくてはいけない項目と計画的に修繕していく項目を御提案をします。
建物全体の配置計画、避難計画、バリアフリー計画、造園計画を総合的に計画します。成長した樹木が外灯の照度を低下させる場合もあります。階段をスロープにかえるバロアフリー計画もあります。電気配管と設備配管の取り合いもあります。
工事実施にあたっては川管保全協のマンション・ワンストップサービスのメリットを最大限に生かし電気工事会社、造園土木会社、設備工事会社が協力体制をとり最適な工期とコストで対応いたします。