ご挨拶

組合案内-御挨拶

 川崎住宅管理保全建築協同組合(略称:川管保全協)は川崎市を拠点に神奈川県内を活動範囲として設立17年を経過いたしました。

 マンション改修の設計事務所としての設計事務所の総合力と組合員工事会社の実績と技術力により理想的な設計施工方式により設計監理費用の削減と共同施工による工事費の削減が可能となり高品質でコストパフォーマンスの優れた業務が提供できます。
 マンションの大規模修繕・維持工事では設計監理と工事施工を分離する「設計監理方式」が一般的となりました。反面では小規模工事に於いては全体費用に含める設計監理費用の割合が大きくなる場合があります。
このアンバランスを解消する設計施工を可能にする各組合員での施工も提供できます。
川崎市を中心にした県内工事会社の組合員会社の専門業種は建築・土木・インテリア、衛生設備・電気設備、通信設備、造園と、マンション敷地内に生ずる維持管理工事をほぼ組織組合員で施工することができます。当然、ご要望により設計と施工を分離した『設計監理』『工事施工』にも個別に経験組合員が誠意をもってお答えいたします。
近年、少子高齢化が進み、「単身高齢者住居の課題」が叫ばれ、川崎市も地域包括ケアシステムを用いてこれに対応しております。我々も川崎市健康福祉局と協力して地域貢献を視野に入れた新規事業を開始しています。

理事長 今村 文治


協賛会員