設計業務

業務内容-設計-建物・設備・外構・ 植栽 調査診断

Ⅰ調査診断  

建築・設備・土木・電気の技術者で建物を複合的に判断し、本物の改修、経済性に考慮した設計につなげる調査をします。

  a アンケート アンケート用紙に調査部分の概念図を描き、故障・不具合の有無を簡単に表示載けるようにします。

  b ベランダ立入調査  アンケート結果により故障・不具合を事前予告調査し留守宅発生にも一定量の調査戸数の確保を工夫

  c 調査・判定 調査は劣化現象の羅列でなく、本来目的である判定と補修方法の検討の調査判断をします。

Ⅱ調査診断報告書 

    住む人の理解と協力を得て修繕工事を成功に導くために「知らせる努力」を惜しみません

  a 報告書 必要事項を簡潔にまとめ、極力、曖昧な表現を避けます。正は製本、副はCDも可能です。

  b 報告・説明会 ダイジェスト版により、劣化現象とその対応措置の設計(基本)内容を説明します。

              マンション工事は住む人の協力(合意形成)が不可欠であり、そのための「知らせる」努力をします。